FC2ブログ
TOP > スタッフオブピアーシングの計算式を追及する(準備編)
 ← ある忍びの中継点 | TOP | スタッフオブピアーシングの計算式を追及する(疑惑編)

リストマーク スタッフオブピアーシングの計算式を追及する(準備編) 

【重要】新しいBlogに移転していますあるネットゲーマーの日常
※2008/03/15 追記
実際に検証した結果はこちら


前回、「スタッフオブピアーシング」(以下SoP)の検証をしようとしたとき、
クッキークリを装備しっぱなしというポカもありましたが、
それ以上に「検証方法が不十分」というのもありました

とりあえず、前回わかったことは・・・

 ・SoPは除算MDEFに作用しているのは確定

・・・ということだけで、特に・・・

 ・SoPが減算MDEFに作用するのかが未確定
 ・SoPの精錬値1あたりの効果上昇値が未確定

・・・この辺を実証するには方法が不十分でした

突発的な実験だったので、
さしあたっては「除算に効果」だけでも収穫としてはいいのですが、
どうせなら残りの2つも検証したいところです

そこで今回は、SoPの計算式を立証する「方法」について考えてみます

ただし、あくまで手持ちのキャラで検証することを前提とするため、
一般的にはもっと楽な方法があるとは思います




 Q1.SoPのMDEF無視はどの部分にかかるか

前回の問題点は、減算MDEFを無視できてしまう状況で試したために、
減算MDEFが減っていたのかそのままだったのか、
いまいちつかめなかったことです

であれば、「減算MDEFを無視できない状況」で検証すればいいことになります

<前提条件>
 ・INT1+14の教授(MATK21~27)
 ・+0SoPと骸骨の杖を持ち替え
 ・コールドボルトLv1を使用して、ダメ幅を検証する

<ターゲット>
 ・プパ:MDEF20+0(除算効果の検証)
 ・ポイズンスポア:MDEF0+12(減算効果の検証)


 Q2:精錬+1ごとに何%効果が増すのか

+0SoP~+5SoPで予想されるダメ幅を弾き出し、
それらに近い値が取れればいいことになります

あくまでQ1の検証が前提になりますが、
Q1の結果が除算のみであれば除算MDEFの大きめな敵、
減算のみであれば減算MDEDFの大きめな敵をターゲットにします

また、教授のINTでは、10%と15%を区別するだけのMATKを確保できないので、
再び廃プリのHLでの検証としますが、
理想は中INTの廃WizによるMATK100%スキルでの検証ですね


・・・ということで誰か、新品のSoPを貸してください・・・orz
+5までの精錬はこちらでやってお返ししますので・・・
[2008.03.14(Fri) 09:47] SoP検証・考察Trackback(0) | Comments(1)
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

 ← ある忍びの中継点 | TOP | スタッフオブピアーシングの計算式を追及する(疑惑編)

COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008.03.14(Fri) 17:39] # | EDIT |

COMMENT POST











管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://parrot.blog21.fc2.com/tb.php/871-c4ebfcd6
 ← ある忍びの中継点 | TOP | スタッフオブピアーシングの計算式を追及する(疑惑編)

プロフィール

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

AdSense

Calander

ブログ内検索

RO Search

Links

Copylights

Amazon