FC2ブログ
TOP > 苦無忍者の育成プランを考える
 ← のびのび発光式 | TOP | ブースターの使いすぎ

リストマーク 苦無忍者の育成プランを考える 

【重要】新しいBlogに移転していますあるネットゲーマーの日常
忍者で個人的に好きなのは風魔型や術型なのですが、
現状でもっとも育成が早いのは苦無型だと思います

今回はオーラにすることが最大の目的だったため、
無難に苦無型を選んだわけですが、
一方で「最終狩場」が見えないという問題があります

苦無型はある意味STRさえ押さえてしまえば、
他のステはどうにでもなってしまうこともあり、
最終狩場を決めるのが重要と考えました

ということで今回は、苦無忍者の最終狩場を考えつつ、
それに合わせた育成プランを考えてみます



<前提>
・STR90/+6烈火をベースにする
・主要な敵に対するBase/HPと、Base/苦無から考えていく


<最終狩場候補>

 ○異世界フィールド西

ピンギが火苦無で2~4発なので、
感覚的には雷鳥の火付与オーク弓DS狩りに近い

雷鳥の経験から、FLEEをある程度確保しないと苦しいが、
雷鳥ほどFLEEを確保しづらいので、
かなりAGIに振らなければいけない可能性が

まだ、ダークピンギが平均6発程度ではあるが、
DS狩りよりはるかに揺れが大きいので、
その意味でも安定しづらいかもしれない

 ○プラゴレMAP

多くの人が最終狩場と考えているので、一応考えてみる

単純に計算すると火苦無で平均9発程度
Base/苦無でいうとピンギと同等

逆に言うと、精神をすり減らしてすらピンギと同等であり、
1体に対して9発近い苦無を撃ち込むと考えると、
トータルでは必ずしもうまいとはいえない気がする

 ○時計3(アラーム)

属性がないのでうまくないかと思ったが、
Base/HPが異様に高いため、
Base/苦無でもピンギほどではないが高い

平均で4~5発必要ではあるが、
狩場の敷居の低さ、アクセスの良さ等を考えると、
かなり有望ではないかと思われる

 ○ミノタウルス

水苦無のBase/苦無でアラームを多少下回る程度で、
しかも2発で倒せるため、数を狩るには向いている

しかし、狙って狩るのが難しい
PDB2では数が少ないうえにベリットが邪魔で、
SD4だと数が多すぎて処理できない

 ○GH監獄1

属性が合わないことを差し引いても、リビオのBase/HPが高い
Base/苦無でもアラームと同等

他の敵もBase/苦無が決して悪くなく、
全ての敵が火苦無で2~3発で落とせる
(もちろん、ハンターフライも含めて)

トータルで見ると悪くないが、
強いていえば、他に比べてアクセスが悪い


<ステ振りプラン>

基本はSTRだけども、カンストさせてもあまり大きな差がない
むしろDEXを上げないとダメが安定しないため、
STR90/DEX40くらいをベースに考える

少しINTに振りたい気もするが、
カビ狩りの感触では忍法修練でSPが確保しやすいので、
とりあえずなしで考えてみる

Lv69:S90/A9/D40(カビが平均で一撃)
Lv79:S90/A50/D40(木琴込みでアラームほぼ回避)

・アラームルート
Lv82:S90/A50/D50
Lv87:S99/A50/D50

ダメージの安定をはかりつつ、STRをカンストさせる
ここからINT振りでもいいかも

・ピンギルート
Lv91:S90/A80/D40

さらにAGI振りでここまで上げると、
木琴込みでピンギが8割回避可能

これだけあればだいぶ安定はするが、
もうちょっとFLEEが欲しい気もする



これをふまえてどうするか・・・ですが、
とりあえずカビでLv70中盤までは余裕なので、
そのあたりでピンギやアラームの感触を試しつつ・・・ですかね

最終的には自分のモチベーションが保てるか、なので、
ダークピンギが邪魔でもピンギにするかもしれないし、
まったりとアラームにするかもしれません

まあ、どうせ実装は1年以上先なので、あせらない方向で・・・
[2011.06.11(Sat) 19:36] 忍者考察Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← のびのび発光式 | TOP | ブースターの使いすぎ

COMMENT

COMMENT POST











管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://parrot.blog21.fc2.com/tb.php/2251-97ee6265
 ← のびのび発光式 | TOP | ブースターの使いすぎ

プロフィール

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

AdSense

Calander

ブログ内検索

RO Search

Links

Copylights

Amazon