FC2ブログ
TOP > 今さらFF13をやってみた
 ← その頃のマジ | TOP | GWのあれこれ

リストマーク 今さらFF13をやってみた 

【重要】新しいBlogに移転していますあるネットゲーマーの日常
今日は昨日スルーした「FF13」の話を

このゲームに関してはいろいろ言われてますが、
昨年のDQ9騒動同様、実際にやって評価したいというのもあり、
GW中、友達と立ち寄ったゲーム屋にて、1980円で買ってみました

現在は7章までクリアしたところですが、
なんだかんだで結構やってます(`・ω・´) b

だらだら書いても長くなるだけなので、
世間で言われている(っぽい)ことに答える形で書いてみます

なお、私はFF6までを何度もやり込み、
FF7で失望し、FF9は一応クリアしたってレベルで、
FF8やPS2世代のFFは全く触ってません


 ○画面が綺麗なだけで、面白くないんでしょ?

まずゲーム性についてですが、FF4からの「ATB」を順当に進化させた感じで、
かなりスピーディーで、しかも意外と奥深い戦略性が楽しめる戦闘で、
個人的にはかなりの好印象です(*゚∀゚)=3

システムを言葉で説明するのはものすごく難しいのですが、
テイルズのようなアクション性を取り入れず、
あくまでコマンドバトルのまま、あのスピード感を出せたのはすばらしいです

もう一点、画面が綺麗なことですが・・・
PS2世代のFFをやってない、というのを前提にしつつ・・・

FF4~6にかけて、キャラの「感情」を
いかに表現するかという工夫をしていたと思います

FF4でうつむきや手を挙げるといったアクションを取り入れ、
FF5で(まさにROで現役の)エモ的な要素を取り入れ、
FF6ではキャラの等身を上げることで、さらに動きが細かくなりました

一方でそれは、2D表現の中で限界を追求した結果で、
3D化したFF7で一度「退化」した気がします

そしてFF13ですが、グラフィックのレベルが上がったことで、
かなり細かな「表情」を表現できるようになっており、
これがものすごいリアリティを与えてます(`・ω・´) b

ストーリーがかなり感情的なものを扱っているだけに、
この「表情」がなければ話が成り立たなかったでしょうね

その意味で「映画的」ではありますが、
先ほどのゲーム性も存在するので、いいバランスなんじゃないかと


 ○でも、フィールドが一本道で、OPが20時間あるんでしょう・・・?

フィールドが一本道というのは、ある意味では正しく、ある意味では違います

確かに、最初のフィールドは恐ろしいほど一本道ですし、
それ以降のフィールドも「ダンジョン」というには単純すぎます
(でも、分岐がないわけではない)

しかし、FF13というゲーム自体、一般的なRPGにありがちな、
「街→フィールド→ダンジョン→街・・・」という展開ではありません

そもそもダンジョン(的なもの)を探索するストーリーではないのです
(少なくとも私のやった7章の段階では)ひたすら逃げる話なので、
悠長にどこかで立ち止まるなんてできないのです

しかし、おそらく後半は「大きなフィールド」に行くことになるはずで、
そこで初めて「好きに動ける」ことになるのでしょう
そこまでの時間が「20時間」じゃないですかね

FFに限らず聖剣3とか、最近だとFF外伝もそうですが、
ある程度まではストーリーが一本道で、
終盤に来ると「広い世界に放り出される」タイミングがあるはずです

(というか、FF13を一本道というなら、
 聖剣3なんかも一本道だと思いますが・・・)

そもそも、一本道的なフィールドであっても、
そこに配置された敵との駆け引きが存在します

戦闘システム上、奇襲攻撃・・・つまり、
相手に気づかれずに近づいてこちらから攻撃することが、
非常に重要なので、これを狙うというゲーム性も存在しているのです


 ○ストーリーはどうなの?

非常に内面的な話を描いているので、ここは好みが分かれます

少なくとも、「特定の何かを倒す」ってわかりやすい話ではなく、
「何をしたらいいのか迷いつつ逃げ回る」という感じです
(少なくとも、7章の段階では)

各主人公が何らかの形でお互いに関わりがあり、
それを軸にしつつ話が進む感じなので、完全に「人間ドラマ」です
その意味では、小難しい話が嫌いな人には向きません

逆に、内面的な葛藤とかジレンマみたいなのが好きな人には、
かなり面白いストーリーなんじゃないかと
実際、私は7章のストーリーが気になって、昨日は寝るのが遅くなりました

俗っぽい言い方をすれば、ツンツンしたクールなねーちゃんが、
デレる過程を描いた話ですΣ(・ω・ノ)ノ
(かなり語弊がある気がしないでもない)

あと、序盤から専門用語を乱発されるので、
ここで萎える人もいるかな・・・と

ある程度進むと辞典的なシステムで解説してもらえるのですが、
そこまでは「よくわからないまま『たたかう』を連打するゲーム」と感じられます

さっき絶賛した戦闘システムも、その序盤の展開
(ある意味では本当のOP)中は使えないので、
そこまでの2時間くらい(?)に耐えられるかが勝負かも


 ○結局これは「FF」なの?

DQに比べると、何をもって「FF」と呼ぶかは難しいところですが・・・

 ・ATBの存在(1~3はないけど)
 ・グラフィックへのこだわり(良くも悪くも)
 ・魔法等、固有名詞の共通性
 ・ジョブ(的な)システムの存在

・・・というように、FFっぽい要素はいろいろ含んでるので、
FFってことでいいんじゃないですかね?



・・・というわけで、まだ途中ながらいろいろ書いてみましたが、
「2000円にしては面白すぎる」という感じですか

一方で、内容はまるっきり同じで、
「FF」ってタイトルがついてなかったとしたら、
ここまで売れなかった気もしますが・・・

たとえ内容を知っていたとしても、
FF13のためにPS3を買ったりはしなかったと思いますし、
PS3を持っていたとしても、発売日に定価では買わなかったと思います

とはいえ、「最先端のRPG」ってことは間違いないし、
十分に面白いゲームだと思いますので、
今回挙げた要素を考えた上で、検討してみては

・・・どうせ2000円ですし(´・ω・`)


これで終わっちゃうとこのBlog的に問題ですが、
かといって最近のマジの動向を書くと長くなりすぎるので、一つだけ
マジで土精
今は土精を焼いてます
RoWが装備できるLv50までここかな・・・


[2010.05.07(Fri) 21:15] 日記Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← その頃のマジ | TOP | GWのあれこれ

COMMENT

COMMENT POST











管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://parrot.blog21.fc2.com/tb.php/1835-b7c006f3
 ← その頃のマジ | TOP | GWのあれこれ

プロフィール

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

AdSense

Calander

ブログ内検索

RO Search

Links

Copylights

Amazon