FC2ブログ
TOP > 殴りMEプリ考察:ステ編
 ← 地下墓地にて戯れる | TOP | 開かれたヴァルハラへの道

リストマーク 殴りMEプリ考察:ステ編 

【重要】新しいBlogに移転していますあるネットゲーマーの日常
2005年08月06日 ()
MEプリも無事に発光し、
早速GX消して新キャラを作ってしまったので、
もはや「殴りMEプリ」に関しては後には引けない状況

そこで、今回は各ステの考察を加えつつ、
最終ステを定めてみたい


「殴りプリ」で一番難しいのは、このステ決めだと思う
どういう振り方をしても、一応役に立ってしまうため、
いわゆる「死にステ」が一つも無い

今回のコンセプトは「MEが使える殴りプリ」ということで、
その当たりを基準にして、
決められるところから決めていくとこうなる


○LUK:1

 グロリア+コボクリによってクリを織り交ぜ、
 固い敵に対抗する、というのも殴りプリのスタイルなのだが、
 そもそもグロリアを切っているので、LUKも切るのが妥当

 余談だが、昔知り合いが育てていたFCASセージは、
 「A>L=I」という珍しいステだった
 DEXを切る代わりにクリで当てよう、というコンセプトである


○INT:補正込み70・素53

 今回のプリの最終狩場は、以下と予測される

  ・GD3
  ・PD4
  ・カタコンベ
  ・GH階段D

 ニブル村では湧きが激しすぎ、ニブル谷では殲滅力不足、
 アユタヤのタムランには半端なMEは通用しない

 となると、これらの狩場でメインとなるモンスを
 「だいたい」ME1枚で焼くだけのステが欲しい
 INT70で杖装備の場合、以下のセット数で落とせる

  ・モンスター名:平均セット数/最大セット数

  ・ナイトメア:4/5
  ・デビルチ:6/9
  ・イシス:4/6
  ・レイス:4/5
  ・スケルプリズナー:3/4
  ・ゾンビプリズナー:4/5
  ・レイドリックアーチャー:2/3

 「だいたい」ME1枚に収まっているのがわかるだろうか?
 よって、INTは補正込み70となる

 ブレス10+Job補正5+TDスタッフ2=17
 よって、素INT=70-17=53


○STR:補正込み70・素55

 言うまでも無く、STRは10の倍数止めである
 なので、候補としては50・60・70となるわけだ

 「殴り」の部分を十分に生かしつつ、
 他のステを圧迫しない値、とすると、
 素で55、ブレス・Job補正込み70が妥当か

 常時ブレス前提でステ振りを考えられるのが、
 殴りプリの利点だろう


○AGI:素90

 1対1を前提にするなら、IAの補正もあるので、
 AGIは80程度で抑えることも考えられる
 闇ブレスを前提にすればさらに敷居は下がる

 しかし、MEを使うような狩りを想定すれば、
 囲まれるケースは少なくないわけで、
 やはりFLEEは限界まで欲しい
 多少過剰なようならレイドに変えることも可能だ


○DEX:補正込み80・素62

 MEの詠唱時間は15秒と長い

 普通のMEプリの場合、
 詠唱時間=タコ殴りにされる時間なわけで、
 DEXを高めるのが最優先となる

 しかし、殴りMEの場合、
 ある程度AGIで回避が見込めるので、
 DEX極である必要は無いだろう

 それでも普通の殴りプリよりは高める必要があるので、
 70か80で迷うところだが、
 他のサイトで見た殴りMEに比べてME依存度が高いので、
 補正込み80とすることにする
 これならミミックも余裕で当てられる

 ブレス10+Job補正4+ニングロ4=18
 よって、素DEX=80-18=62


○VIT:素12

 これを1で止めればAGIが+2できるが、
 AGI+2よりもVIT12の方が恩恵が高い、という判断



以上をまとめると、以下の通りになる

 STR:55+15
 AGI:90+16
 VIT:12+ 5
 INT:53+17(TDスタッフ)
 DEX:62+18(ニングロ)
 LUK: 1+ 7
 ※ブレス・IA込み

TDスタッフ・ニングロ(ニンクリ)以外の補正装備は、
一切考えないこととする
必要に応じて装備を差し替えられた方が、何かと便利だからだ



以上、殴りMEプリのステについて考えてきたが、
これはあくまで一例であって、汎用的に使えるものでもない
あくまで私が必要とする基準を満たすとこうなる、というだけだ

ステにしても、スキルにしても、「これ」という解答が無く、
「殴りプリ」を考えるのは面白い
みなさんも興味があれば試してみると良いだろう
[2005.08.06(Sat) 17:45] 殴りME考察Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 地下墓地にて戯れる | TOP | 開かれたヴァルハラへの道

COMMENT

COMMENT POST











管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://parrot.blog21.fc2.com/tb.php/16-2adaf9ae
 ← 地下墓地にて戯れる | TOP | 開かれたヴァルハラへの道

プロフィール

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

AdSense

Calander

ブログ内検索

RO Search

Links

Copylights

Amazon