FC2ブログ
TOP > 「ME狩り」とは何か?
 ← SakrayJ Report >> そろそろ限界か・・・? | TOP | SakrayJ Report >> 村正を検証しようとして絶望を見るの巻

リストマーク 「ME狩り」とは何か? 

【重要】新しいBlogに移転していますあるネットゲーマーの日常
私がMEにはまった理由の一つに、
MEがロジカル・・・言い換えれば「数学的な世界」である、
というのがあります

(RO自体が計算式の塊である、という見方もできますが・・・
 ROの中でもMEを構成する要素は複雑なのです)

そんな考えに至ったのは、私のMEの師と言ってもいい
岸屋さんの影響なのですが、「岸屋日記」におけるMEの解説がなければ、
私はここまでMEにこだわらなかった気がします

先日書いた、サクライJにおけるMEのまとめにおいて、、
「R仕様でもME狩りは成立している」と書いたのですが、
そのあたりの論理的な理由が今回の話になります

サブタイトルは「MEと数学」で(`・ω・´)



そもそも、「MEでソロ狩りができる」とはどういうことでしょうか?

  MEでソロ狩りができる
 =MEで敵を倒すまで死なない
 =[ME展開中に受けるダメージの総量](A)が[MHP](B)を超えない


細かく言うと上記のようになります
つまり、MEで狩れるかを決める要素は「HP」と「被弾」ということです

(これがマジ系の場合は「時間」になります
 FWであれSWであれ、敵を遠ざけている間に、
 いかにメインの魔法・・・ボルトやSG・・・を通すか、ですからね)

まず(A)について考えると、ROの通常攻撃はASPDに依存する、
言い換えれば時間に依存することになります

となると、大雑把に言えば以下のように言えます

 (A)=[ME展開時間](C)×[1s当たりのダメージ](D)

ここで(C)に着目します
MEはFWのような防御スキルがない代わりに、ヒールがあります
ということは・・・

 (C)=[ヒール不能時間](E)+[ヒール可能時間](F)

・・・とも言えます
ここで前者の[ヒール不能時間]を詳しく見ると・・・

 (E)=[詠唱時間](G)+[詠唱ディレイ](H)

・・・という見慣れた言葉が出てきます

[ヒール不能時間]は一方的に攻撃を受けるしかないので危険ですが、
後者の[ヒール可能時間]の間はヒールで被弾を回復できます
ということは・・・

 [1s当たりのダメージ](D)<[ヒール回復量](I)

・・・である限りは死にません


だいぶ頭が混乱してきたと思うので、
出てきた言葉を整理してみると・・・

 [MHP]
 [1s当たりのダメージ]
 [詠唱時間]
 [詠唱ディレイ]


・・・このあたりが重要な要素のようです

そしてこれらの組み合わせの結果、
一番最初の式にたどり着けば「狩れる」・・・と

実は、ME周辺のさまざまな要素は
このどれかに関わっているのですΣ(・ω・ノ)ノ


 ・[MHP]に関わるもの→キリエ

キリエはその特性上、限界を超えるまで、
プリ本人は一切被弾しません
つまり、MHPが増えたのと同等といえます


 ・[1s当たりのダメージ]に関わるもの
  →アスム/DEF/サンク(+SW)/回復剤/MATK


わかりやすいのはアスムです
単純にダメを半分にするので、秒間の被弾も半分になります
DEFも当然被弾を減らすので、防具やDPは重要な要素です

次にサンクですが、「秒間ダメを777相殺する効果」といえます
キリエと違い、HPが満タンでは機能しないので、あくまで「相殺」なのです

サンクにSWを組み合わせると、SWが有効な間は被弾せず、
しかもサンクで一方的な回復が可能になり、
HPが減る速度を低下させる=時間稼ぎができると考えられます

(このあたりのサンクやSWに関する細かい考察が、
 例の岸屋日記にあったのですが・・・
 支援プリメインになってからMEのコンテンツがなくなってしまって・・・(´・ω・`))

回復剤も基本的にサンクと同じです
ただ、回復量を自分で決められる点が異なります

最後のMATKですが・・・

MEを展開した後は当然敵にダメージが入ります
つまり、時間と共に敵が倒れていくので、
少しでも小さいHIT数で倒せれば、被弾は減っていくわけです
([ヒール可能時間]の間の話)

例えば、1HIT目で雑魚がほとんど消えるなら、
詠唱完了時にHPがほとんどなくても、
結果的にディレイを回復なしで乗り切れる、ということです


 ・[詠唱時間]に関わるもの→DEX
 ・[詠唱ディレイ]→一部のアクセ/スクロール


言うまでもなく、MEでもっとも危険なのは、
ヒールもできなければサークルトレインもできない、
MEの詠唱中です

しかも、ディレイは通常減らすのが難しいので、
結果的に[ヒール不能時間]はほぼ詠唱時間で決まります

完全に一方的な攻撃を受ける時間がDEXに依存するとなれば、
DEXがそのまま「安定性」につながることがわかるでしょう
これがMEスレでよく言われる「DEXは安定性」の意味です


余談ですが、「INTは効率」と言われるのはなぜでしょう?

先ほども書きましたが、INTを上げるほど威力が上がり、
敵を少ないHIT数で落とせるようになります
つまり、展開後の「拘束時間」が減ります
(これはDEXでは減らせない時間)

5HITまで待たなければ「次」に行けないのと、
3HITで「次」に行けるのとでは、単純に4秒の差があります

また、INTが高いほど、
1回のMEで横湧きごと処理できる可能性も高まります
もう1枚MEを使うか使わないかは、相当の差がつきます

MEの「時給」が「MEの展開回数」で決まると考えれば、
「INTは効率」の意味がおわかりでしょう



今回はあえて小難しく書いてみただけで、
当然、普段の狩り中にこんなことは考えてません

しかし、どこかの狩場を試してみて、
ME狩りが成立しないとしたら、ここに挙げた要素の
どこかで引っかかっていることになります

DEXが低いなら被弾が小さい狩場を選べばいいですし、
DEXが高いなら一撃が大きい狩場でもMEが通せるでしょう

逆に、DEXが低いのに被弾が大きい狩場で狩っていたら、
当然詠唱までHPがもたないので、
他の手段を併用することになり、その分時給が低下します

「一方的な被弾の後、一気に返す」スキルは、
ME以外にはあまりないと思います
だからこそ、マジ系とは違ったロジックが存在するわけです(`・ω・´)


ただまあ・・・今回書いたのはあくまで「狩れる」って話であって、
「楽しい」って感じるためには、ある種の「爽快感」が必須なわけで、
その意味なら二極はやっぱり楽しいし、R仕様はいまいちなんですがね・・・
[2009.09.09(Wed) 20:28] ME考察Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

読みふけった・・・orz by イセ
はじめまして!
鯖は違いますが自分もME持ちな
イセと申します(゚ω゚=)

失礼ながら、偶然見つけて拝見させて頂いていたのですが
@@@「ME狩り」とは何か?@@@
のタイトルに惹かれ1hほどずっと見ておりました
とりあえず冒頭の「数学的な世界」って言葉で
もう自分の意識は張り付いてしまいました
「似た考えの人っているんだなぁ・・・」と。

勝手ながら上記のようなことを思っちゃったのですが
また拝見させて頂きたいです(゚ー゚*)

by ぱろっと
コメントありがとうございます(`・ω・´)ノ

こういうネタは正直人を選ぶので、
気に入っていただけて何よりです
どうしても自己満足的な部分が強くなるので・・・

>偶然見つけて
たいていの出会いは偶然ですよ(`・ω・´) b

コメントを閉じる▲

 ← SakrayJ Report >> そろそろ限界か・・・? | TOP | SakrayJ Report >> 村正を検証しようとして絶望を見るの巻

COMMENT

はじめまして!
鯖は違いますが自分もME持ちな
イセと申します(゚ω゚=)

失礼ながら、偶然見つけて拝見させて頂いていたのですが
@@@「ME狩り」とは何か?@@@
のタイトルに惹かれ1hほどずっと見ておりました
とりあえず冒頭の「数学的な世界」って言葉で
もう自分の意識は張り付いてしまいました
「似た考えの人っているんだなぁ・・・」と。

勝手ながら上記のようなことを思っちゃったのですが
また拝見させて頂きたいです(゚ー゚*)
[ 2009.09.11(Fri) 06:38] イセ #H9HwI7aA | EDIT |

コメントありがとうございます(`・ω・´)ノ

こういうネタは正直人を選ぶので、
気に入っていただけて何よりです
どうしても自己満足的な部分が強くなるので・・・

>偶然見つけて
たいていの出会いは偶然ですよ(`・ω・´) b
[ 2009.09.11(Fri) 20:10] ぱろっと #kJeoJ8/Y | EDIT |

COMMENT POST











管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://parrot.blog21.fc2.com/tb.php/1555-7685c3a3
 ← SakrayJ Report >> そろそろ限界か・・・? | TOP | SakrayJ Report >> 村正を検証しようとして絶望を見るの巻

プロフィール

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

AdSense

Calander

ブログ内検索

RO Search

Links

Copylights

Amazon