FC2ブログ
TOP > 教授のスキル取扱説明書(セージ編)
 ← 最近の教授模様 | TOP | 計算しよう

リストマーク 教授のスキル取扱説明書(セージ編) 

【重要】新しいBlogに移転していますあるネットゲーマーの日常
以前、教授のタイプ別に、その支援性能に関して軽く書きました

これは教授以外の人が教授について知るためのものでしたが、
今回も同じコンセプトで、スキルについて軽く解説していきます

他の人が教授の支援性能を知ることが目的ですので、
紹介するスキルは支援系のみになります

また、あくまで大雑把な説明になりますので、
自分が教授という方は、
SageWikiあたりでじっくり研究してください


ところで、教授は当然ながらセージの転生職であり、
セージのスキルも使うことができます

今でこそ支援系は教授前提になってますが、
以前は「支援セージ」がいましたし、
支援教授もセージスキルを使います

というわけで今回は、セージのスキルに絞って、
簡単にスキルを紹介していきます



 ○セイフティウォール(SW)

プリにとっては2次スキルですが、
セージにとっては1次スキルです

しかも、支援型はINTが低く、
本来の攻撃手段であるボルトやFWは使いこなせないので、
余ったスキルPをSW10に回すのが普通です

同じ理由で、殴りセージもSW10を持っているのが普通です
殴りセージの場合はこれにSPR10が加わりますが、
支援型・・・というより対人型だと、SC10になります

ちなみに、SW10・SC10にセージスキルの前提を押さえても、
まだJob40に届きませんΣ(・ω・ノ)ノ


 ○エナジーコート(EC)

正確には支援スキルではないですが、
その性能の一角をなすスキルではあります
マジ系が青っぽく変色するあのスキルです

残りSP量に応じてダメージをカットします
そのとき、数%程度SPを消費します

しかし、その性能はあなどれず、
最低でも6%、最大で30%のダメージをカットします
つまり、汎用的な三減盾を装備しているようなものです

結果、装備のあるDV教授であれば、
多少の攻撃にも耐えられる=前衛を努めることも可能です
(減ったSPを変換で回収できるので、さらに有利)

なお、ECはSPが1でもあれば有効ですが、
SPが0になると強制的に解除されます

阿修羅後にチェンジするとSPが0になってしまうので、
教授側に一瞬隙を作ることになるので注意


 ○マジックロッド(MR)

ディスペル(Dis)の前提であるため、
支援型ならほぼ持っているはずですが、
おそらく使っているところを見たことはないでしょう

一言で言えばこのスキル、「対魔法用白羽」で、
自分に向かってきた魔法(ダメージを与えるものに限らず)を、
吸い取ってSPに変えてしまいます

なのに使われないのは、MR4以上でないと、
ディレイで連打できないからです
(他スキルの前提としては1か3)

逆にMR4か5あれば、
WBを全段吸い取ったりも可能なのですが(; д ) ゚ ゚

また、あくまで自分単体に対するものでなければならず、
範囲型のスキルは吸収できません


 ○スペルブレイカー(SpB)

ある意味MRの逆で、相手のスキル詠唱を中断させるスキルです
詠唱さえあれば、魔法でなくてもかまいません
(一応、騎士のBDSとか・・・)

MRで対応できない範囲攻撃も、
「詠唱さえあれば」中断させられるわけですが、
無詠唱だったり、詠唱のないスキルには無力です

なお、Disの前提である3でも詠唱時間は変わらないため、
結構使っている人は多いはずです
(Lvが上がってもSPの吸収量が増えるだけ)


 ○ディスペル(Dis)

たぶん、敵に使われると「むかつく」スキルとして有名かと
アリスや時計管理者に速度POTを消されたり・・・

このイメージが強いので、狩りでは
敵のRSや爆裂を解除するためのスキルと思われがちです

でも、あくまで効果は「状態変化を初期化する」ことで、
良い悪いは関係ありません
例えば、名無しで実装された敵が使ってくる「不死付与」も解除できます

<2/22追記>
実装はもうちょっと前という指摘が


(もちろん、Disでなんでも消せるわけではありません、
 詳細が知りたい方はSageWiki等で)

まあ、どうしても対人のイメージが強いスキルではありますね
バーサークLKからすると、味方のDisはありがたいですが、
エンペ殴り中のDisは・・・(lll゚Д゚)

あと、忘れてはいけないこととして、
一度使うごとに黄Jを消費します
これが結構馬鹿になりません(´・ω・`)


 ○属性付与系

「セージといえば付与」くらいのスキルなので、
あまり説明は要らないでしょう

覚えておいて欲しいのは、支援教授の場合、
属性場の前提の2止めが普通ということと、
ツリーの関係から地付与を持たないことが多いということです

Lv2止めなので、付与時間は20分になり、
POTなどと周期がずれますが、
PTであればすぐ付与してもらえるので問題ないでしょう


 ○属性場系

火・水・風の「属性場」を設置するスキルです
おそらくはWBや聖水汲みのできる水場が有名でしょう

共通するのは、属性場の上に乗っているときに、
以下の効果が得られることです

 ・同一属性攻撃の攻撃力が強化される
  (防御属性は無関係で、攻撃の属性さえ一致すればいい)
 ・防御属性が一致した場合、何らかの支援効果が得られる
 ・ただし、敵も味方も関係ない

最後のが重要で、属性さえ一致するなら、
敵であっても効果が出るということです

あと、このスキルも黄Jを使いますが、
一度場を展開すると、その場が消えるまでは、
再設置してもJを消費しません


 ○ランドプロテクター(LP)

対人やMVP狩りに必須のスキルですが、
最近はMVP自身がLPを展開し、
LPに邪魔されない全体攻撃を仕掛けてくるのが主流です

このスキルはかなり仕様が複雑で、
これについて書くだけで今回の記事くらいの分量になってしまいます

なので、一言でスキルの説明をするならば、
「(大魔法を含む)地面に設置する系のスキルを遮断する」
ということになります

あと、このスキルは黄Jだけでなく、青Jも使います


 ○エレメンタルチェンジ

一言で言えば、
「コンバーターを消費して、敵の属性を変化させるスキル」
です

クエストで覚えるスキルなので、
全員が持っているわけではありません

また、好きな属性に変化させられるのではなく、
覚えられるのは四属性のいずれかで、
しかも覚えるためには対応する付与が最低1必要です

結果、地付与を切っている支援教授は、
地変換を覚えられない可能性が高いです
(覚える手段がないわけではないですが・・・)

どちらにせよ、コンバーターが安くないのもあって、
そんなに多用されるスキルではありません

ちなみに、コンバーターを作成する
「クリエイトコンバーター」は、
属性に関係なく、好きなコンバーターを作れます


次回は教授スキル編で(`・ω・´)ノ
[2009.02.18(Wed) 21:00] 教授・ソーサラー考察Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 最近の教授模様 | TOP | 計算しよう

COMMENT

COMMENT POST











管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://parrot.blog21.fc2.com/tb.php/1302-27436a7f
 ← 最近の教授模様 | TOP | 計算しよう

プロフィール

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

AdSense

Calander

ブログ内検索

RO Search

Links

Copylights

Amazon